ブーツの選び方や革のお手入れについて

ブーツのお役立ち情報

ブーツには沢山の種類があります。あなたに合ったブーツを選ぶためには、ポイントを抑えておくことが重要でしょう。特に管理が難しい革ブーツのお手入れ方法もご紹介します。さまざまな種類のブーツを手に入れるために、通販を利用することもおススメします。

ブーツに関する記事

ファッションアイテム

ブーツキーパーについて

ブーツを保管する時におススメなのが、ブーツキーパーというアイテムです。ブーツキーパーを利用することによってブーツの型崩れを防いでくれるほかに、除湿効果や通気性を良くすることができるのです。

READ MORE

ブーツを選ぶ時のポイント【重要度順】

no.1

サイズをきちんと選ぶ

ブーツはパンプスやスニーカーに比べると脱げにくいことが特徴ですので、サイズにはさほどこだわたないというような方も多いのではないでしょうか。しかし、ブーツのサイズを適当に選んでしまうことによって足のトラブルが多く発生してしまうこともあるので、充分に注意する必要があります。

no.2

筒幅を確認する

ブーツはむくみなどを引き起こしやすいものです。足への圧迫が強くないかを確認する必要があるでしょう。目安としては、ブーツを履いた時に指1本がすんなりと入る程度が望ましいでしょう。ロングブーツの場合、ふくらはぎの部分がフィットしないと言う問題も良く発生します。

no.3

丈の長さを確認

ブーツの丈の長さは、自分の身長の高さに大きく関わっています。ブーツの丈が身長に合っていないことによって履き心地に影響が出るほか、見栄えが良くないことが多いのです。通販などを利用する際は、事前に自分に合うブーツの丈を調べておくと良いでしょう。

no.4

ヒールの高さ

ブーツはヒールによって足長効果を発揮します。そのため、適度なヒールがあるブーツを選ぶとおしゃれでしょう。ブーツにおける美しいヒールの高さは7cmと言われています。この7cmを目安にヒールの高さを選んでみても良いのではないでしょうか。

no.5

つま先の形を確認

ブーツはつま先の形を確認するとよいでしょう。つま先に余裕があることで、足への負担を軽減させることができます。足が大きくて気になっている方は、つま先が短いタイプのブーツを選ぶと足が小さく見える効果があります。フィッティングをして問題がなければ大丈夫でしょう。

サイズぴったりのブラジャーを買おう
事前に正しい測り方をcheck!

革ブーツのお手入れについて

女性

防水スプレーをかけておく

ブーツを綺麗に保つためにおススメなのが、防水スプレーをかけておくことです。防水スプレーはブーツをおろした時から使用するのがおススメです。ブーツを水から保護し、汚れがつきにくくなるために綺麗な状態を保つことができるのです。

汚れを落とす

ブーツのお手入れとしては、まずはブーツについた汚れを落とすことから始まります。ブラシを利用してブーツ表面のホコリや泥などを取り除いていきましょう。ある程度汚れを落とすことができたら、クリーナーを用いてさらに汚れを拭き取っていきます。クリーナーを利用する時には柔らかい布を使って優しく拭き取っていくことがポイントです。

磨き上げる

クリーニングを行った後は、乾いた布などを用いて全体を拭いていきましょう。クリーナーには潤いを与える効果があるようなものを選ぶと、ブーツの質感をきちんと保つことができます。拭き取りつつ、ブーツの光沢感が出てくるまで磨き上げると良いでしょう。

消臭スプレーをかける

ブーツを磨き上げたあとは、内部に消臭スプレーをかけておくことをおススメします。ブーツの内部はニオイが発生しやすく、靴箱全体ににおいがうつってしまうこともあるからです。消臭スプレーをかけた後はファスナーを下ろし、しばらく内部を乾燥させると良いでしょう。

保管の注意

ブーツをしばらくしまっておくような時に注意したいことが、カビの問題です。カビが発生しないためにも、ブーツの表面に付いた汚れはきちんと落としておく必要があります。ブーツを綺麗にした後きちんと陰干しなどを行ってから、しまうようにしましょう。この時カビ対策のスプレーを用いたり、保管場所に除湿剤を置いておくことをおススメします。

広告募集中